2017年02月28日

平成29年3月度 おはよう倫理塾(講話日)のご案内

「3月度 おはよう倫理塾(講話日)のご案内」
 大阪から一般社団法人倫理研究所 原冴子講師を招いて行います。
 おはよう倫理塾初体験をされたい方、また、聞きたい方はぜひどうぞ。
●日時 3月18日(土曜日)朝6時〜7時
●会場 専門学校アリス学園(金沢市円光寺本町8-50)
●講師 一般社団法人倫理研究所 生涯局 講師 原冴子(家庭倫理の会大阪市)
●会費 無料(見学自由)
※かほく会場では行いませんのでご注意ください(金沢・かほく合同)
Microsoft Word - 290318_合同おはよう.jpg
posted by 家庭倫理の会石川 at 15:04| Comment(0) | おはよう倫理塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成29年3月度 子育てセミナーのご案内(金沢)

こんな経験ないですか?−子供がどうしても私の話を聞いてくれないのと悩んだことなど−
育児書にはない、子育ての悩みは、いっぱい。でも解決の糸口がきっと見つかります♪
お子様を連れて、参加くださいね。
●テーマ 比較はNG
●日 時 3月18 日(土曜日)10:00〜11:30
●講 師 (一社)倫理研究所 生涯局 講師 原 冴子
●対 象 高校生までのお子様を持つパパ・ママ
●会 場 金沢市教育プラザ富樫
●会 費 家庭倫理の会会員:無料,一般:200 円(テキスト、茶菓子代)
●主 催 (一社)倫理研究所 家庭倫理の会石川
子育てセミナー石川 _3月度.jpg
posted by 家庭倫理の会石川 at 14:55| Comment(0) | 子育てセミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

【倫理かるた】「は」:「はるかぜにやなぎ」(春風に柳)

 境遇に逆らわず、時勢(とき)に順応して、自分の仕事を大胆に勇敢にやってのける、こんな人には行き詰りが無い。
 ちょうど、春風にふかれて、しなしなと、右に左に、前に後ろに、大きくちいさく自由自在に運動して少しも個性(美しさ、生まれつきの性(たち))を変えぬ柳のように、どんな雨にもどんな風にも折れることが無い。
(「倫理かるた」より)
posted by 家庭倫理の会石川 at 00:00| Comment(0) | 倫理カルタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

清掃活動(金沢)

2月25日、おはよう倫理塾の会場を提供頂いている専門学校アリス学園の清掃を行いました。
本来ならば、周辺を清掃する予定でしたが、雨のため、ふだん、清掃していないところを清掃しました。
24222646-8202-485B-A6D8-52BD17514919.jpg6BA3E7E4-B273-4335-B54E-C1F4FDBA469C.jpg
posted by 家庭倫理の会石川 at 08:49| Comment(0) | その他行事報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

おはよう倫理塾(2017.2.18、かほく市)

 倫理研究所生涯局 原冴子講師を招いて、かほく市の賀茂神社参集殿で開催。37名参加。
 原講師は出身の大阪府純粋倫理創始65周年記念式典での経過報告(ビデオ)についてふれ、純粋倫理を大阪で創始した自らの舅、ビデオを編集した長女と3世代つながったこと、三男が婿養子に迎えられ、嫁ぎ先の家とつながったこと、大阪で純粋倫理の普及に尽力し、晩年は全国の経営者の指導に当たった林輝一氏の葬儀にふれたのち、1つの時代が終わり、大阪では50歳以下の人が要職を占め、新しい時代が始まったと述べ、『万人幸福の栞』の第八条「明朗は健康の父、愛和は幸福の母」の解説をした。
IMG_0256.JPG
IMG_0251.JPG
IMG_0255.JPG
posted by 家庭倫理の会石川 at 07:17| Comment(0) | おはよう倫理塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

純粋倫理基礎講座第三講(2017.2.17)

 倫理研究所生涯局 原冴子講師を招いて、サンライフ津幡で行われました。
テーマは「明朗の実践」。倫理研究所が提唱している純粋倫理の根本であるスナオな心境(明朗・愛和・喜働)の根底をなす「明朗」について解説し、実践例を講師の体験を含めて講義いただきました。
IMG_2517.JPG
IMG_2518.JPG
posted by 家庭倫理の会石川 at 07:08| Comment(0) | 純粋倫理基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

【倫理かるた】「ろ」:「ろうじんはいえのまもりがみ」(老人は家の守り神)

 家族の中で一番大切なものは、老人である。老人は、家をおこし、持ち続け、また今日の文化を栄えさせてきた功労者であり、生きた国宝である。
 老人を大切にする家は、家族が健康で、仕事が栄え、子供はりっぱに育ち、日々明るく幸福になってゆく。災難もドロボウも近よれぬ。
(「倫理かるた」より)
posted by 家庭倫理の会石川 at 00:00| Comment(0) | 倫理カルタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

【倫理かるた】「い」:「いいわけはやすげしょう」(言い訳は安化粧)

 まちがったとか誤解されたとかで、よくいいわけをしたがる。せねばならぬことのようにさえ、思われている。けれども、いいわけは安白粉をつけるように、すぐはげる。そして、つけぬ前よりきたなくなる。
 いいわけは、己の強情の広告でもある。すればするほど下品になる。
<「倫理かるた」より>
posted by 家庭倫理の会石川 at 14:50| Comment(0) | 倫理カルタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

倫理かるた:「はじめに」

 世界ではじめて出来た、倫理カルタ。
 無邪気でよろこんで遊んでいるうちに、守ればかならず幸福になり、はずれると不幸になる、ほんとうの人間のみち(倫理)が、わかるようにと、新しく考案せられたものであります。
 お正月に限らず、何時でも、これでたのしく遊びましょう。遊んでいるうちに、きっと家庭が明るくなってまいります。
「倫理かるた」『丸山敏雄全集 第二十四巻上』(倫理研究所)より>
posted by 家庭倫理の会石川 at 14:02| Comment(0) | 倫理カルタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「倫理カルタ」とは

 私たち家庭倫理の会が毎朝5時から行っている「おはよう倫理塾」では、『万人幸福の栞』を毎日1条ずつ輪読したあとに、実践報告として、日常行っている純粋倫理の実践報告をします。実践報告のヒントとして、倫理研究所創始者である丸山敏雄先生が書かれた「倫理かるた」を用いています。
 これから、毎週、1文字ずつ紹介し、倫理研究所が提唱する純粋倫理のエッセンスを伝えたいと思います。
posted by 家庭倫理の会石川 at 13:55| Comment(0) | 倫理カルタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする